モットン悪評のホントの所~プロが教える本当の効果と悪い噂

腰痛に良いと今話題!悪評はホント?モットンの効果とは?

もはや国民病ともいえるほど、首こりや肩こり、腰痛に悩まされる日本人は多くいます。マッサージや整体、針灸などその治療方法は様々あります。

悪評もあるとされているモットンですが本当の効果はどうなのでしょう?

そんな中、今見直され始めているのが寝具である枕やマットレスです。

人間の睡眠時間は1日のおよそ1/3。平均で7時間ほどと言われています。その睡眠時の姿勢や、かかる体重、寝返りの回数などが腰痛や肩こりに大きく関わっていることが判明してきたからです。

マットレスや枕には、大きく分けて低反発と高反発の2種類があります。しかし、各メーカーでたくさんの種類を販売しており、価格もピンきり。「一体どれがいいのか?」と悩む方も多いのではないでしょうか?

そんな寝具に悩む方にオススメしたいマットレスがあります。それは、腰痛に良いと今話題の「モットン」。
今回は、悪評があるモットンの本当の効果について詳しくお伝えします。

モットンの悪評とは?どこの会社が販売しているの?

マットレスのモットンは、モットンジャパンという会社が製造しています。
会社名にはジャパンと付いていますが、もともとは福岡の小さな布団やさんから始まっています。「もっと満足してもらえるように」という想いと、布団をかけて、モットンという名前が付けられたそうです。

こちらの商品であるモットンですが、腰痛対策専用のマットレスです。日本人専用の設計で、特に腰痛に効果があるように仕上げられた高反発マットレスです。同じ商品でも、硬さの種類が3つあるのが特徴です。これは、日本人でも体重や体格、筋肉量などの違いで適したマットレスが違うことと、自分好みの固さを選んでほしいという理由から3つの種類が製造されています。

『日本人専用の設計とは?』

モットンは、日本人専用の設計だと先ほどお伝えしましたが、どのあたりが日本人専用なのでしょうか?

それは、自然な寝返りをサポートする反発力にあります。どういうことかというと、寝返りをするには、身体全体の筋肉を使う必要があります。しかし、日本人は欧米人よりも筋肉量が少なく、筋力が弱いと言われています。そのため、反発力が欧米人に合わせられたマットレスでは、日本人にとっては寝るだけで身体の負担になるということです。

モットンは、さらに筋肉量の少ない女性でも痛みや疲れを感じずに自然に寝返りが打てるように、反発力を緻密に計算して造られています。
睡眠時の自然な寝返りは約20回~25回と言われています。

これを女性で実験し、他のマットレスとモットンで比べたところ、木綿や羊毛、羽毛布団だと30回以上、低反発マットレスだと7回という結果が出ています。30回以上は寝返りの回数は多すぎ、寝ている間に身体を疲労させてしまっています。

反対に低反発マットレスは、自然な寝返りさえも打てていないので、身体に負担がかかってしまっています。その点、モットンの結果は20回。このことから、自然な寝返りが打て、身体の疲労や負担が軽減できているといえます。

『寝ている間の、理想の姿勢が維持できる!』

モットンが腰痛に効果があるといえる点は、他にもあります。それは、寝ている間の姿勢。立っているときに、首から背骨にかけて自然なS字カーブを描いている状態が良いというのは聞いたこともあるのではないでしょうか?これは仰向けで寝ている間にも同じことが言えます。

しかし、柔らかすぎるマットレスではこれが崩れてしまい、身体のゆがみに繋がります。また、固すぎるとI字のようになってしまい、首や肩にも負担がかかります。

その点、モットンは寝たときにかかる体圧分散に優れているという特徴があります。これは、寝たときにマットレスが程よい力で体を持ち上げてくれることで、寝ているときの姿勢を一直線に保ってくれる効果があります。
そのため、無駄な負担をかけずに、ぐっすりと良い睡眠を取りながら、姿勢を正してくれるのです。姿勢を正すことで、歪みがなくなり、肩こりや腰痛にも効果が出るというわけです。

『優れた耐久性で、長く睡眠をサポート!』

柔らかいマットによくあるのが、「最初は良かったけど、すぐにへたってしまった」ということ。

睡眠は毎日行う行為ですし、マットレスはあまり安くありません。どれだけ効果があったとしても、すぐにダメになってしまうマットレスでは意味がないのです。

へたってきてしまうと、寝ている間に痛みが生じたり、寝返りが上手く打てなくなったりと悪いことずくしです。

実際にモットンのマットレスは悪評もあれば、本当に効果があったという口コミも多数寄せられています。事実、効果は人によっても違いますし一概にはいえません。

モットン悪評の総合情報をフェアに扱っている下記のサイトでは以下の通り解説がなされています。

悪評の方が頭に残りやすくなっているものです。 ですが、実際に20人に1人は腰痛効果が無かったといっている事からも、すべての人に合うわけではない。といのは間違いないでしょう。 そして誰もが自分には実際に合うのかどうかは分かりえません。 そこで注目したいのが返金に関してです。

モットンは90日間というかなり長く返品期間を設けています。 マットレスで返品を行っているのはIKEA等の一部の超大手家具専門店のみで、マットレスメーカー自体が返品保証を付けているというのはとても少ないです。 逆にいえば腰痛効果の自信からなのでしょうが、消費者としてはこれ利用しない手はないわけです。

出典:モットン悪評と2ちゃんネルの評価

このようにいくら悪評や良い評判があったからといって結局のところは決めるのは自分なのです。

悪評があるからといって、諦めるのではなく、まずは自分で使ってみて考えるのが一番良いのはいう間でもありません。

モットンの悪評まとめ

悪評や良い評判があるモットンは、長くその効果を感じて欲しいという思いから、耐久試験を行っています。その結果、人間の平均の寝返り回数である20回×7300回を行ったとしても、たった3.9%しかへたらないという結果が出ています。これは、約11年間ほど使用できる計算です。

同じ試験を低反発マットレスで行うと、30%ほどへたってしまうという結果も出ています。モットンの約10倍です。

通常のマットレスの寿命は、5年~10年弱と一般的には言われていますが、その寿命よりも長く使えるというわけです。

このことからも、モットンは長く腰痛や睡眠に悩む方のサポートが出来る商品だといえます。

モットンは返金保証もついているので、気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか?

悪評があったとしても決めるのは自分自身なのです。

参考にしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です