マットレスは定期的に入念にメンテして嫌な臭いを断つ

本来あまり動かす事無く長い期間利用し続けるマットレスだからこそ、そう簡単に嫌な臭いが付かないメリットを持つ素材や生地の製品は大変有難いものですよね。
私は元来汗っかきで、日々の生活でもちょっとした事で汗をかいてしまいますから寝床のメンテナンスが大変。肌に直接触れ易いシーツや掛け布団はかなり頻繁に洗わなければ嫌な汗臭さが付いてしまうからです。

 

 

マットレスの嫌な臭い・・私のメンテナンス方法

その下に敷くマットレスこそ直接肌に触れない為、入念なメンテをしなくとも何とか大丈夫なのですが、その一方敷いた上から直接寝転ぶ等して頻繁に昼寝に利用する簡易タイプのマットレスはそうも言ってはいられません。
基本的にじゃぶじゃぶと水に漬けて洗う事の出来ないアイテムですから、昼寝する際は汗が付着しない様カバーやシーツを上に被せるといった工夫が必須となる他、マットレスそのものに関しても消臭あるいは防カビの機能を持つ製品を選ばないと決して安心出来ないのです。
また最近ではどんどん洗えるカバー付きのマットレスも登場しており、これなら臭いが気になった時点で新しいカバーに交換して洗濯するといったローテーションが可能となりますから、常に新鮮な状態でマットレスが利用出来るものです。

 

かつては別途カバーやシーツを購入しローテーションさせていた私でしたが、最近では比較的素材も軟らかく清々しい香りのカバー付きマットレスを昼寝用に購入し、適宜カバーをローテーションさせながら利用しています。

 

ただ少々の臭いや汗臭さでも神経質になってしまえば、いくらローテーションさせても追いつきませんから、そのローテーションを緩めるちょっとした工夫は必要。その方法は言うまでもなく市販の消臭スプレーで、比較的臭いが早目に出易い初夏から初秋にかけては2日、あるいは3日に1度のペースで入念にスプレーし、臭いが気にならない様に努めているのです
もちろん万年床は不快な臭いの元ですから、晴れた休日は積極的にマットレスを干す事も忘れません。長く干さずに利用していると想像以上にマットレスは水分を吸い込んでしまうもので、これが原因となる臭いはいくら消臭・防カビの特性を持つ素材でも防ぎ切れないもの。それを定期的に干して水分を飛ばす事により上手く補ってあげるという訳です。また水分を吸い込みジメジメしたマットレスは反発力も減少してしまいますから、快適な寝心地を維持する為にも定期的に干す事は大事となるのです。

 

マットレスの臭いを防ぎ長く利用する為に自分で出来る工夫は結構ある筈。それを欠かさず実行し快適な睡眠や昼寝を確保したいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です