マットレスとスプリングについて

マットレスについて考え始めると長くなります。あまり柔らかいのも嫌ですし、硬すぎてすのこのようなものも安眠の妨げになります。
一度、木のベッドに直に横になったことがありますが、あれはちょっと辛かったです。小さくて、足がはみ出てしまいました。やや特殊な体験ですが、マットレス関連で思い出す事の中の一つです。

 

どちらかというと寝つきが良くないタイプなので、ついマットレスにこだわりたくなります。
贅沢はできないまでもいままで色々な試行錯誤を重ねてきましたが、世間的にこれはいい、とされているものより硬めで弾力性のないものが一番落ち着く気がします。
寝つきが良くないにも関わらず、旅行先で泊まったホテルの部屋では熟睡してしまいます。
これは以前から不思議に思っているのですが、もしかしたらマットレスが違うからかも知れません。
よく宣伝しているような名の知れた高級マットレスではないのは確かですが、家で使用しているものより断然寝心地がいいのです。
だいたいが硬めな気もしますし。しかし普通は枕が変わると眠れないだとか、マットレスのスプリングの具合が良くなくて眠れなかった、という話もよく聞きます。
普段寝つきがいい人に、そういう場合が多い気がします。何だか羨ましい気もしますが、自分の場合は単に旅行好きなだけかも知れません。

 

 

マットレスを長持ちさせる方法

マットレスはスプリングが傷んでくるとよくないので、定期的に上下を変えます。
左側に寄って眠る癖があるのと、寒い時期は下の方に下がって眠る癖があるようなので、そこだけスプリングが傷むかも知れない、と思って変えていますが、今のところ特に目立った傷みはありません。
そういえばとても長持ちです。当たり前ですが、マットレスには全体重がかかるので体重や寝相によっては傷みにくいのでしょうか。

 

一度使ってみたい、ウォーターベッド

一度使ってみたいな、と思うのはいつか話題になったウォーターベッドです。
テンピュールの枕が苦手なのでおそらく身体が動くと眠りにくいとは思いますが、リラックス効果がありそうで昔から気になっています。
水に浮かんでいるような感覚になるのでしょうか。あくまでベッドという名前ですが、マットレスのように人が身体を無防備にあずけるものである事には変わりません。

 

マットレスの宣伝のようですが、人間が一生涯のうち眠って過ごす時間はかなりのものです。
子供の頃は畳に薄い布団一枚でしたが、今では硬めのマットレスが一番落ち着くような気がしています。感覚的には幼少時とあまり変わっていないのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です